店長

巴川 陽介

店長

入社6年目

ここで決めた!入社理由 自由度が高く、自分らしさを表現でき自己成長に繋がる職場・環境

自分が自分らしさを表現でき自己成長に繋がる職場・環境であると感じ入社を決めました。
学生時代3年間ほど焼肉屋・居酒屋でアルバイト経験しておりました。
自分は主にホール(フロア)を担当し、提供作業やドリンク作成、店舗運営の流れ、そして『接客』の楽しさを覚えました。就職活動を行う際も『接客』でキーワードを絞り、百貨店・飲食業界(ファーストフード・居酒屋)とエントリーしましたが、お客様がお酒をご飲食し「ありのままで」気分良く過ごせる空間が「自分らしさを表現できる職場・環境」に近いのではないかと考え、お酒を取り扱っている飲食店で探しました。
何社か比較したなかで、当社の企業理念である「価値ある食文化の提案」というフレーズに興味が湧き会社説明会へ参加しました。そこで人事部の方や当時の店長方、上層部の方々とお会いした中で、質疑応答やフリートークを経て雰囲気が良く、自由度が高く「自分らしさを忘れずに自己成長したい」その想いで入社を決めました。

どんなお仕事? 会社の方向性を自分の言葉へ置き換え、部下へ伝え、お客様へ表現する

現在、担当している仕事は営業部・店長として店舗勤務しております。
大まかな仕事内容としては店舗運営する中で会社の方向性を、自分の言葉へ置き換えて部下へ伝えお客様へ表現することです。
一見、難しそうに感じますが実際のところ『クルー(スタッフ)の士気を高め、店内の雰囲気を良くし、お客様満足度を高めて売上を残すこと』です。

営業マンとして『売上や利益で結果を出せた時』と、店長として『その達成感をお店の仲間と分かち合えた時』に面白さを感じ、大切にしていることは後者です。
1人でも多くの仲間が売上や利益に対して興味を持つことでお店全体が活気付きます。店舗運営をするにあたり自分1人の力で成果・結果が出せる訳ではありません。お店全体が一丸となり目標へ向かっていく姿勢が大切であり、達成する為の過程に面白さを見出し日々営業に臨んでいます。

私のやりがい

自分へ『ご常連様が付いたとき』にやりがいを感じます。
数多く存在する飲食店の中で縁あって自店をご利用して下さったお客様に対し、冒頭、述べさせて頂いた『自分らしさを表現できる職場・環境』での『接客』をします。
どのような『接客』をおこなっているのかを具体的に文章で綴るのは難しいので、実際にご来店して頂くとして(笑) お客様が何をお求めであるのかを感じながら痒いところへ手を伸ばしてゆきます。
自分以外でも出来そうなサービスに関しては、クルーさんの力を頼り。自分にしかできないことをお客様の表情、視線、口調、態度を観察・洞察して会話やサービスへと行動に移します。
例えば、お客様が次回ご来店してくださる様に、会話をしながら自分の名刺の裏へお客様がお求めであろうクーポン内容をお客様の目の前でしたためます。『世界で1枚だけのクーポン券』を発行するのです。
テーブルの上へ置き去りにされていたりエレベーターホールへ落ちていたり、心苦しい思いもしてきましたが、エリア内、近隣店舗への異動した際に月間で40組100名様近くのご常連様が付いて異動先の店舗へご来店下さったときは、今までで一番やりがいを感じました。

1日のスケジュール

14:00

出勤

数値確認、勤怠確認、社内メール確認、人員・修正、予約の確認
仕込み(ドリンカースタンバイ、フロア清掃)

16:00

店内オープン前確認、営業戦略・人員配置の共有

17:00

店外での販売促進確認

18:00

クルーとの共有

クルー出勤時、営業ビジョン・ポジションの共有
新人教育

19:00

ピーク準備

ピーク帯へ備え、個別に指示出し
ご予約入店確認

21:00

フォロー

指示出し後追い、フィードバック
2次ピークへ備え、個別に指示だし
ウィークポイントのフォロー、バックアップ
店外での販売促進の確認、人通りの確認

22:00

発注

発注業務
中間サービス(下げ物、提供フォロー、クーポン名刺配布等)

23:00

退勤

深夜への引継ぎ、数値報告

今後の目標 別のフィールドでも自分らしさを忘れずに結果を残す

今後の目標としては、今までの経験を活かし新しいことに挑戦し続けたいと考えています。
その為には、上司・部下・先輩・後輩関係なく人から話を聞き、知識を蓄え引き出しを増やし自分の弱さを他人へ曝け出せるようにしていきます。
そして、30歳を目前に、店舗運営のみの経験だけではなく、別のフィールドでも自分らしさを忘れずに結果を残し活躍できるような人間になります。

キャリアステップ

2010

入社

営業部配属 一般社員
新店舗 オープニングメンバーへ選抜

2011

店舗責任者

店舗責任者として店舗運営に携わる

2012

店長へ昇格

店長昇格

2013

オープニング店長

新業態 新店舗オープニング店長

後輩へのメッセージ

学生時代は、気の合う仲間と気が済むまで楽しく過ごせていたと思いますが、社会人になるとプライベートの時間も減り、今まで以上に自分の行動に責任を持たなければなりません。
しかしその分、自己成長も出来ますし、成果・結果に応じて収入も増え生活も豊かになります。
どのような会社、職場へ就職するか、どんな人と共に働くか、今は希望と不安の中間で落ち着かないとは思いますが、自分らしさ「楽しさ・生きがい」を忘れないようにしてください。
それが辛いことや苦しい境遇でも乗り越えられる力へと変わるはずです。
学生から社会人へと環境が変わる中で、学生時代にやり残したことがないよう、健康に気をつけて残りの学生生活を楽しんで下さい!!