SANKO MARKETING FOODS
水産事業

SANKO MARKETING FOODS の強みを活かす6次産業化
その主軸となるのが水産事業

水産事業

SANKO MARKETING FOODSの強みは、消費者と直接向かい合うことのできる「飲食店」というインフラを持つこと。そして食材を仕入れる生産者とも直接向き合えること。その消費者と生産者をつなぐ、新たなプラットフォームを構築すべく、水産事業における6次産業化を目指し船出しました。

SANKO MARKETING FOODSの水産事業の流れ
 
close-up

2020年9月に静岡県沼津漁港において、最古の歴史をもつ「沼津我入道漁業協同組合」と業務提携を行い水産事業を立ち上げ、同年12月に同漁協の組合員となりました。

また、「浜松市中央卸売市場」にある株式会社海商の会社を分割し、その一部を新設会社として2021年11月1日付で株式譲渡及び一部事業承継。これにより、魚市場から直接仕入れることができるようになったことから、当社既存店舗のみならず他の外食事業者及び、小売事業者に法人営業を行っております。

飲食事業で蓄積した食材調達力等をかけ合わせ、沼津の鮮魚や加工品等をブランディングしていくことで付加価値を高め、今後も販路の拡大に努めてまいります。

from Numazu from Hamamatsu
 

【事業理念】

全ての漁師に奉仕を行い
日本の漁業の活性化と魚食文化の再興
沼津の魚を広く世の中のお客様に食べていただき、喜んでいただく

【事業内容】

ふるさと納税

返礼品発送・中間事業者としての調達

水産システム

セリ、受注、発送、伝票、決済までの一貫した包括システム

鮮魚の販売

移動販売車による直販・他社様への卸売

水産DX
水産関連事業リンク